バイオリン・音楽・読書・映画・アウトドア


by reiko_vn

カルテットその後

<その1>
カルテット仲間のヴィオラ奏者の高校生のご子息がチェロを専攻していて、そのデビューコンサートにご一緒した。地域のNPO団体のパーティーで披露。彼の小さい頃からずっと知っているので、そんな人と一緒に音楽できるなんて、不思議な気分。私も年を取ったということか…。
実に誠実な音楽をする人なので、とても気持ちのいい演奏になった。

モーツアルト:弦楽四重奏曲「春」第1楽章
ジブリ作品から「崖の上のポニョ」「人生のメリーゴーランド」「風の通り道」
「情熱大陸」

<その2>
セカンドヴァイオリン奏者をスイッチして、恒例の地域の図書館でのコンサート。ヴァレンタインデー当日の”愛”のプログラム。
地域の方々がいつもたくさん来てくださって、和やかなムードがとてもよい。演奏はまあまあ。

ヴィヴァルディ:「春」第1楽章
エルガー:「愛の挨拶」
サティー:「ジュトウヴ」
マスカーニ:歌劇「カヴァレリアルスティカーナ」間奏曲
クライスラー:「愛の喜び」
「スタンド・バイ・ミー」
「Lovin' You」
ナタの愛のテーマ(ニューシネマパラダイス)
涙そうそう
愛燦々
永遠にともに


<その3>
私の息子が所属する小学校の吹奏楽部の卒業記念演奏会に、特別演奏として参加。いつもの4人プラスピアノのSさんで、ピアノ五重奏。
ずっとやりたかったモンティを本番にのせることができてよかった。演奏の評判も上々。弦楽器の響きに親しむことが少ない方々に、身近にナマの音を届けるのはとてもいいことだと実感。

モーツアルト:「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」(SQ)
「サウンド・オブ・ミュージック・メドレー」
モンティ:「チャルダッシュ」
ジブリ映画より「いのちの名前」
マスカーニ:「カヴァレリアルスティカーナ」間奏曲

<その4>
地域のレストランで、ディナー付きコンサート。今回は主催者側からの希望で、電子ピアノ付き。電子ピアノの音をアンプ&スピーカーで拾いつつ、アンサンブルをするのは至難の業だということを実感。
会場はとてもよく、また何かの機会に演奏したい。
演奏会後、お客様のひとりから「音色が気に入った」と熱いファンレターをもらってしまい、恐縮。どうもはるかに年上の方にモテるみたい。次回のコンサートのご案内をすることにする。

ヴィヴァルディ:「春」第1楽章
モーツアルト:「春」第1楽章
Jシュトラウス:美しく青きドナウ
Jシュトラウス:トリッチ・トラッチ・ポルカ
Jシュトラウス:ウイーンの森の物語
「イパネマの娘」
「愛の喜び」
「朧月夜」「涙そうそう」「見上げてごらん夜の星を」
「ジュトウヴ」
「世界の約束〜人生のメリーゴーランド」
ビートルズ「Yesterday」「Eleanor Rigby」「Michelle」「When I'm Sixty Four」
モンティ:「チャルダッシュ」


…というわけで、現在は、クラシックまっしぐら。夏と秋にひとつづつのコンサートを企画中。
一つは、いつものメンバーでモーツアルトとメンデルスゾーンのカルテット。(Mozartは「春」、Menderssohnは5番を予定)
もう一つは、バリバリのチェロ奏者を招いて、ついにオールベートーヴェンプログラムに挑む。(4番&8番を予定)
めちゃめちゃ難しいけれど、楽しくてしょうがない。
[PR]
# by reiko_vn | 2009-05-28 21:41 | 弾く
いつもご一緒頂いているピアノのSさんが卒業された大学の、同窓会が毎年行っているコンサートに、出演の依頼をいただいて、Sさんとフランクのヴァイオリンソナタを演奏した。

この曲、ピアノの譜面がヴァイオリンをはるかに凌ぐ難曲で、ヴァイオリン奏者の方から、「一緒に弾いて!」とはなかなか言えない曲なのだ。

今回は、10分という演奏時間制限があるため、2楽章のみを演奏した。4楽章が超有名なのだけれど、あえて「2」としたのは、この楽章だけがまだ本番にのせた事がなかったからだ。しかも一番合わせが難しい。(時間が許せば1・2を続けて演奏したかったところ。)

本番会場は天井の高い響きのいいところで、気持ちよく鳴らす事はできたけれど、スタインウェイの響きに負けてしまった感がある。

一生懸命練習を積んでも、本番では思っていた事の半分ぐらいしかできないなあ、というのが今回の感想。イメージは十分に持っているつもりなのに、いざとなるといらん事を考えてしまう。

本番前に、Sさんがついている先生や、アンサンブルの仲間に演奏を聴いていただいたのだけれど、まだまだ曲の解釈が足りないし、それに必要な技術も足りないことを痛感した。
聴きにきていただいた知人には「かっこよかった」と褒められたけれど、心底喜べない今イチの満足感。まだまだ精進たりましぇん。
[PR]
# by reiko_vn | 2009-01-31 20:48 | 弾く

弾き納め

夏に演奏会があったオケのメンバーによる、室内楽コンサート兼忘年会。
やはり、室内楽はいい。自分の音に責任を持ち、互いの音をクリアに聴き合える。

<ラハナー:七重奏曲>
ラハナー(1803-1890)は、ダンツィと並んで木管五重奏で結構有名らしい。シューベルトと親しかったらしいけれど詳しい事はよくわからない。
全5楽章のこの曲は、全体に古典的で聴きやすく、和やかな雰囲気にあふれている。4楽章だけはちょっと異質で、力強い軍隊行進曲風な曲。一度聴いたら忘れられない。
ヴァイオリン/ビオラ/チェロ/コントラバス/フルート/クラリネット/ホルンという編成。ヴァイオリンは、フルートを1stとした2nd Vnで、時々1st Vnにも復帰するといった感じ。
今回は、時間の制約があり、1・2・4楽章を演奏した。残りは来年の予定。とても楽しみながら演奏できた。


ここのところ目指しているのは、ミスのない、音程の正確な演奏。それに音楽的な意思(もっと強く、明確な…)が乗っかってくればもっと伝わるはず。

…というわけで、今年も弾き納め。
既に年明け、何本かのコンサートが控えている。マイペースで、でももっとうまくなりたい!
[PR]
# by reiko_vn | 2009-01-01 15:47 | 弾く